出てきました。結果は1-1。
普段ならガッツリレポ書くんですが、あんまり参考になりそうな試合じゃなかったので…。簡単にということで。

参加人数:4人 使用デッキ:欲望にまみれた月詐欺梅雨亭

1戦目:3色〇
地元の人と当たったんですが、そもそもこの試合でもう書くことが…。
相手先攻で中央7.0お燐、左AF4.0チルノアタック→チルノの後ろに謎の月にとりを追加されてエンド。
返しで3色すでに見えたので、詐欺無しの素出しで左AF紫、中央美鈴出して普通に殴って勝利。
梅雨亭はデッキ半分切った辺りに揃いました。7.0カードとはなんだったのか。

2戦目:文花帖雪×
どうもこの方と相性がよろしくないらしく、今まで3回当たって全敗してます。今年入ってからのランキングの敗北はその3回だけ。しかも全部初手すくすくされて同じ負け方。
先攻取れたんですが、梅雨亭もすくすくも無かったのでリグル→蓮子エンドしたら、返しすくすくを右に出されてその後はマエリベリーから除去打たれ続けて相手デッキが減らなくなり敗北。ミラーで相手だけドロソと除去あったらそうなりますよね。試合時間36分くらいでしたか。すごいですね。



なんていうか梅雨亭とアブソリュートジャスティスは自分で使ってて思うんですが、本当になんか別ゲーっぽい感じしますね…。
梅雨亭のギミック自体も問題なんですが、てゐをメタれるカード(6.0雪幽々子、永琳、雪雛等のタップキャラ等。実用性は置いておいて)全般が同じ月のカードである空き巣やきのこでほぼ沈黙してしまうことに問題があると思います。さらにすくすくしらさわまで同じカラーに居るということが、月をさらにプッシュしちゃってるんでしょうね。おまけにこちらの打点は完全に一列封鎖されちゃいますしね。
シルバーブリッツは特にエラッタを設けたりする気配も無さそうですので、8弾のカードでバランス調整する感じなんでしょうか。
7.0が手に入りにくいこともあり、初見さんがだいぶ入り辛い上、8.0でもみんなが梅雨亭してるだけの環境だとさすがに離れていく人とかも居そうで少し心配です。
後、僕はランキングでは奇跡的にいまだに遭遇していませんが、フリプで先攻山のテレグノシスをされた試合も全敗してる辺りも微妙に注目かもしれませんね…w
先攻と後攻でハンド枚数同じでスタートする上に有効な対策が存在せず、不要な星のカードやEX1を戻され続けて…。ってのを何度も経験しました。
ちょっと愚痴っぽい書き方になってしまいましたが、僕はこのカードゲーム好きですよ。
絵師さんもみんな素敵ですし。椛と白蓮のおっぱいでかいですし。
元々絵が可愛くて、コレクション的な意味で買い始めた僕にとっては絵が最重要ですしね、やっぱり。

次のランキング大会は結構空きそうですので、しばらくは銀符律以外の更新メインになりそうです。
汁鰤の情報曰く、4月に東京と博多で公式大会をやるとかで下手をすると7.0環境では大阪大会は無いかもしれませんね。
もし無かったら全国までの半年間、公式大会に一度も出れないことになるんですよね…。そんな感じで大阪の大会がもし本当に無ければ旅行も兼ねて博多大会に行こうかなぁとか考えてます。
一ヶ月後に例大祭と全国大会があるのでもしかしたら白紙になるかもしれませんが…。
デッキ弄りながら色々考えていきましょう。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

検索キーワードとか

銀符律ランキング大会

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)