数日間、家庭の都合で名古屋に行っておりました。
そのついでと言うとあれですが、観光したり銀符律のランキング大会に出てきたので。

とりあえず銀符のランキング結果だけ。
8日のホビステランキングは出れなかったので、イエサブの結果だけ掲載。
聖月単か花t星か迷いましたが、時間制限のある公式で回復ばっかは怪しい気がしたので火力でゴリゴリいける花で。
開始前に「時間は40分でお願い致します」と言われたのがフラグになるとはこの時は思いもしなかった。

使用デッキ:花t星

1戦目:月雪回復?△
なんかプチ初心者さんっぽい人だったんで、いけるんじゃね?とか思ったのがいけなかった。意外な落とし穴があったのだ…
ジャンケンに負け(恒例)、先攻を取られる。相手は左DFに月リグル、左AFに雪さとり。(今思えば日単ならマスパで勝ち確まであった(ぉぃ))
ターンもらって、AFキャラが上海、アミュ霊夢、魔理沙、橙だったかな。とりあえず左AFに魔理沙。除去飛んでこなかったので、中央に橙を追加して終了。
相手はさとりアタックから能力。この時点で相手の打点が橙能力いれて4、こちらは魔理沙能力込みで7。
さらに右AFに雪早苗追加して終了。
こちらターンもらって、初手から持っていたもちもちアリスをどちらに置くか考える。
月なのでティータイムの可能性がありますが、魔理沙下げたら早苗通らなくなりますし、リリーWで飛べるのでそんなリスキーな事やらんやろ、と思いバックにリグルの居るさとり対面にアリス。
で、魔理沙殴るとティータイムで魔理沙下げてくる。
下げられたものは仕方ないので橙殴って、右AFにアミュ霊夢追加して終了。
当然相手はさとりも通らんし、早苗も殴れんしで打点が回復だけに。次のドローで萃香引いたのですが、雪見えてるので出しませんでした。
相手が初心者さんってこともあり、思考時間の関係もあり時間がかなりやばいことに。
で、なんやかんやでターンが過ぎていき、向こうはDFにメリーまで出してきてバーンが月輝夜の1点とバレッタコストにやる気から早苗能力とメリーで打点、通らないさとりが殴り続けてきて2点回復というクソ盤面に。
引き分けになったらどちらにせよダメなんで、守矢と夢想封印バシバシ撃って賭けに出たんですが、トップから2ハンドチャンパー出され続け時間切れ。
相手の蓮子(途中、こちらの雛と相討ちしました)の能力で天子切ったのがいけなかったかなぁ~。打点勝ってるしと安心して、EX1を切ってしまったのが余計相手にとどめをさせない原因になってしまった。

負けて優勝逃すのなんかは日常茶飯事なのでなんとも思わないんですが(なんともって言うとさすがに嘘になりますがw)、こういう形で引き分けになってしまったのは不完全燃焼です。
相手の方はプチ初心者でしたので、仕方ない部分もあったと思います。しかし、お世辞にも打点が無いデッキであのような回し方をすれば時間が足りなくなるのは目に見えていたと思います…。



参加者二人だったので、店員さんと協議した結果、ジャンケン等でどちらが優勝賞もらうか決定してくださいとのこと。
そして、この運命を左右するジャンケンでまた負けて優勝賞の妖夢を逃す…。orz
ですが、ここからがいい話で私に気を使ってくれたイエサブの店員さんが私の方だけに
「4弾か6弾のパック、どちらか一つ差し上げます」とか言ってくれました。(パックは1つ300円、参加費200円なのでお店は損してる)
はっきり言ってうちの地元のイエサブの店員の接客はうんこダメダメなので、イメージ悪かったんですが、これはかなりイメージ上がりました。ありがとう!!

一応終わってから相手さんとフリーしたんですが、その時もこちらの中央の聖をティータイムで下げられて向こうの中央AFの輝夜が永久に止まってましたw
相手の人のデッキを見せてもらいましたが、レティ無し、西行妖無し、雛無し、AP4以上無しのイベント23枚とかだったんで、そりゃ攻撃通す手段無いでしょうと…。
相手「何抜けばいいと思いますか?」って聞かれたので、
僕「地霊殿とやる気抜いて、西行妖やレティ・ホワイトロック、月か雪の雛を入れたらいいんじゃないでしょうか?後は月の美鈴やにとりもオススメですよ」(そもそも地霊殿何に使うのよ…)って言ったら
相手「いや、その2枚は抜きたくないんです」
もう知らんww

ちょっと愚痴っぽい記事になってしまいましたが、銀符大会のレポでした。
しかし名古屋でも参加者少なくてこっちとあんま変わらなかったです。他の方のレポ見た感じ、ホビステのほうは人数多かったようなので参加したかったな~。

では次はメインの観光とかの事書きます。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お城

年取ってもずっと一緒に云々

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)