上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本日帰ってきました。
色々な人に会えてよかったなと思います。(小学生並みの感想)

長くなりそうなので記事を分けますね。
まずは26日に参加した、第3回銀符律全国大会から。

前日まで花t雪星(花魔理沙+花幽々子)か花t雪(天子型)で出るかかなり迷ってたんですが、花t雪を選択。
月が割れなくて、蓮子や美鈴のバーンが強く、雪系より月絡みが増えているという環境読みから幽香を抜いて花永琳を2投。
活躍するかわかんなかったですが、ラキカの絵が綺麗だからいいのです。
後AFキャラで大阪の時と違うのは、藍が2枚、妖夢を3枚投入してるところです。で、瞬間移動大妖精は全抜きしました。(次の日に例大祭でやむっさんの大妖精のエッチな本買ったのに…)

一回戦:花宙フラン 〇
ジャンケンに負け貫禄の後攻でドヤ顔する。
相手は右に橙と中央に宙咲夜さん出してエンド。咲夜のコストに幻月きられたのですが、幻月出されてたらかなり苦しかったと思います。
ターンもらって打点を越えようとするも打点を越える方法がないw 後攻2ドローとはなんだったのか。
仕方ないのでこちらも橙と上海出して打点追いかけにゆく。
相手は殴ってエンド…ここでキャラを出されなかったのが助かりました。
こちらは2ドローで諏訪子ちゃんを引いてくる。相手のカラーが確定してるので、ドヤ顔で中央に諏訪子を降臨させる。
                o__o
                _[__]_
すわわっ!+⌒o⌒+

咲夜さん移動して相手が返しで中央に追加してきたのは宙魔理沙。これがフランだとまずかったと思いますが、打点一緒でアド勝ってて諏訪子こっちだけ出てればそれは勝てますよね。
次のターンにリリー中央に置いてお茶を濁しますが、咲夜アタックザ・ワールド→魔理沙サイステで左に行ってアタック。
さらに宙さとりを中央DFに出されたので、当然藁人形。奈落の落とし穴に落ちる魔導戦士ブレイカー乙。
最終ターン咲夜を移動で橙対面DF+中央DFに宙てゐを出され、橙に霧雨も貼られて死亡するかと思いましたが、上海アタック→てゐにミシャグジ→諏訪子アタック→守矢神社で詰め。
ミシャグジ言われた時のために早めにチャンプブロックでもいいのでDFキャラを相手が出してこなかったのは何故だったんでしょう?
順位表のお相手のデッキを拝見した感じシステムカード多かったみたいなのでキャラが出なかったんでしょうか。
とにかく、「さすが!ミシャグジさまは強かった!」って試合でした。(やっとブログタイトルっぽい記事)

二回戦:花t星〇
対戦相手の方のハンドルネームが某二年前の三冠牝馬、さらにヴィクトリアマイルのアニメイトバイオの馬券を持ってる方でびびる。
この人なら僕のハンドルネームの元ネタわかってくれるんじゃと思い、勇気を出して尋ねてみる。(見た感じ僕より年上の方でした)
僕「競馬お好きなんですか?」
相手「はい、競馬好きですよ!」
僕「じゃあ僕の名前の由来ってわかります!?」(多分すごく目がキラキラしてた)
相手「すみません、わかんないです…」
僕「そ、そうっすか…(´・‸`・ )(ニワカは相手にならんよ!(違))」
某氏のスティッカムで言ったことがあったんですが、最近の若い人って歴史とかを勉強しない(嫌いな)人が多い気がします。
自分の好きな趣味の歴史や経緯くらいは勉強しておいても損は無いんでは?と思います。
なんでこんなことを言うかというと、カツラギエースのJC勝利はJCの当初の創設目的や、キョウエイプロミスの無念を晴らした瞬間であったり、あのシンボリルドルフが初の敗北を喫した歴史的なレースで競馬史には欠かせないレースなんですよね。
って説教染みたことをグダグダ言っても仕方ありませんので…。

ジャンケンに負け貫禄の(ry
相手右椛、中央天子でエンド。
こちらは左橙と中央天子でエンド。相手は殴って左に魔理沙追加してくる。花相手にAFを早々に埋めるのは迂闊なんじゃ…と思いつつも、こちらはレティもリリーホワイトも居ない非常事態。
しかしここの返しが強く、秘密兵器として投入していた永琳をドヤ顔で降臨。
魔理沙のスターダストレヴァリエと天子のデッキボーナスで1点ずつ回復する扱いになり、永琳が7点パンチャー分の仕事をするという神カードにw
中盤に相手だけリリーと霊夢出され、先攻分の打点差もあり、ミラーでこれはさすがに終わったか…と思ったんですが。
椛対面に置いた雛や回復し続けてくれた静葉のおかげでギリギリ詰めきられず勝利しました。
とりあえずプレミとしては相手キャラ倒す前に雛出し忘れたのと、橙を最後に泣き忘れたことですね。どんな初歩的なミスやねん。以後やらないようにホント注意。

三戦目:花月t星 ×
ジャンケンに激弱の僕が何故か勝利。今思えばこれがすでにフラグだった。
手札見るとAFキャラが橙、霊夢、妖夢だけというすぐ止まりそうな構成。
しかし事故でも無いので先攻…取ったのがいけなかった。
とりあえず橙、霊夢出してエンド。相手は右DFにとり、左DF美鈴でエンド。この時点ですでにやな予感。
次の2ドローで天子が二枚来るw しかも残りの2枚がキスメとレティでどう考えても出ない。
霊夢と美鈴を相打ちさせてとりあえず打点レースだけでも追いかけるようにしたのですが。
相手にキューカンバーからまた美鈴出され、橙を向こうにも追加される。
次のターンには天子を出したのですが、こちらの橙をきのこされてしまい結局最後まで左AFにキャラを出せずに終わってしまいました。
途中手札3枚がキスメ、天子、夢想封印とどう考えてもシナジー0の状態になってたりしたせいで、守矢神社をきらないとチャンプ用の雛(リリーホワイトが最終ターンまで出せなかった時点でダメですよね)を出せなかったり、散々な結果でした。天子が居たので一応残り相手デッキ13まで持っていったんですが、先攻だったことを考えるとかなり酷い負け方でしたね。
この手札の時は後攻取るか、霊夢出さずに橙エンドが正解でしたね。あまり小型一体で終了ってパターンは好きじゃないんですが。

そんな感じでここで潔くドロップして景品の豪華なバトラへ。
…行ったんですが。結果は日単を使って、10戦6勝4敗内3連勝、勝率よりビンゴ揃えるためにスピード重視のプレイングで攻めたんですが。
ビンゴ揃わず…(◞‸◟)
そんな感じで本戦の方は中途半端に勝ってドロップし、バトラのほうのラキカももらえず、悲し過ぎる全国大会でした。
バトラのプロモ特典で上海とランキングの参加賞の咲夜スリーブが揃っただけまだよかったかな。

6弾のカードのテキストがもう判明しておりますので、それは後日書こうと思います。それではメインの例大祭などのことを次は書きます。
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東京旅行2

競馬ネタ中心

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。