上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは。
例大祭が近いのでサークルチェックとかしてます。さすがに結構参加回数が増えてくると、好きな絵師さん、好きなキャラに極端に買う本が片寄ってきますが。
あと前日に参加する銀符律の全国大会のデッキも調整中です。
しかしこの大会、本戦のランキング戦よりおまけのはずのバトルラッシュの方が景品が豪華という不具合。
本戦のほうは優勝すれば非常に豪華なのですが、いくらなんでも100人近い参加者が居る大会で一位になれるはずがなく。
ワンチャン勝ってもドロップしてバトラに行く可能性もあります。
使用デッキなんですが、月単か花t雪のどちらかで迷っているのですが、結局花t雪になるかも。
月単は強いんですが、なんか僕のやりたいことと違うというか。それに東京で2位、大阪で1位になってるデッキ使って入賞しても仕方ないですからね。そもそも篭ってバーンってのがビート否定してて好きになれない。

・NHKマイルカップ
カレンブラックヒルが勝利。ダイワメジャー産駒。無敗からのG1勝利で2着アルフレード(昨年朝日杯勝ち馬)を降している辺りかなり期待できます。次はどこに出るのでしょうね。楽しみ。

・ヴィクトリアマイル
ホエールキャプチャが勝利。この馬、レーヴディソールに負け続けていた頃からずっと応援していた馬なのです!
しかしホエールキャプチャを強いと思ったのは昨年のエリザベス女王杯からですね。先行してフラフラになりながらもものすごい粘りで4着に入ったので、この馬ならやってくれると思ってました。
しかしエリ女の2200では距離不適感が否めず。陣営も距離は短い方が良いと思ってるらしく、秋は天皇賞(秋)かマイルCSに出走するようです。混合G1は一気に相手が強化されますので頑張って欲しいところです。

・京王杯スプリングカップ
サダムパテックが勝利。応援していた馬その2。
この馬も経緯は似てまして、皐月賞とかの時はそんなに強いと思っていませんでした。
菊花賞(現地観戦でした)で父:フジキセキという血統で先行しても5着をしっかり確保という自力から短距離なら絶対勝ってくれるという確信がありました。
しかし菊以降、鳴尾記念では同世代の最強の玉無し(w)レッドデイヴィスに敗れ(3着)、得意と思われたマイル戦の金杯でもマイネルラクリマに敗れ(5着)、東京新聞杯で13着と惨敗してしまい、さすがの僕も「もうピークは終わってしまったのか・・・」なんかも思ったりしてました。
しかし今回の圧勝ならG1でも通用すると思います。短距離G1での強さはキンシャサノキセキが証明してますしね。
安田記念はこの馬とシルポートを応援したいですね。

・オークス
ジェンティルドンナが二冠を取りました。しかも5馬身差で、一頭だけ上がり34秒台を出すという圧巻の内容。
問題は明らかに短距離馬のアイムユアーズが4着に来てることですね。
これは世代全体のレベルが(少なくとも1、2着とアイムユアーズ以外の馬)低いか、アイムユアーズが規格外の力を秘めているかもしれないと言えると思います。
とにかく混合戦や古馬戦にこの馬達が出ればはっきりすることです。(2000年CLのエアシャカールやアグネスフライトみたいなね)

・かしわ記念
地方ダート路線。エスポワールシチーが復活して勝利!
この馬も色々言われてましたが、このメンツ相手に圧勝できたのですから完全復活と言って差し支えないでしょう。
トランセンドやスマートファルコンが海外遠征して振るわなかったので、ダート路線は益々混戦模様となってまいりました。中央でこの2頭相手に勝って欲しいものです。

今後控えてる秋の大レースは、ダービー、安田記念、宝塚記念、帝王賞など。
今年の宝塚記念はものすごいメンバーになりそうなので現地で見たいほどです。ここしばらく不調だった馬が復活して勝利するパターンが多いため、思わぬ伏兵が出てくるかも!?
そんな感じで春のG1はワクワクですよ。

・アニメ
さんかれあをちょこっと見ました。某氏からはブヒブヒアニメって聞いてたんですがなんかちょっとグロテスク…?
最初の方はそうでもないんですかね。
原作もアニメもそれほど絵は好きじゃないので継続するかは不明です。
正直なところ、自分はキャラ厨でストーリーとかより絵とか好きなキャラが居るかどうかで決めちゃう部分が多いのですよね。最近の例をあげると、ISもシャルが居なければ全部見てなかっただろうし。
友人のオススメっぽい氷菓を見てみようかな。

・動画とか
最近マイリスした動画とか
早苗といっしょにトレーニング【声優さん付き】 すわわっ!
ブリ(゚∀゚)ハマチシリーズ パッチェさんのがかわゆかったです。ブロリーのは笑いましたw
装甲騎兵ボトムズOP 炎のさだめ 喜多村英梨ver.(full) キリコ・QB
東方 夢想夏郷 第二話(先行版 demo) 例大祭で試作版みたいなの出るんでしたっけ?ってことなので。作画クオリティの向上が凄まじい。
【TASさんの休日】ロックマンX2 良い子はカタツムリをいぢめたりしないように。
みらパのてんこが可愛過ぎる件1 てんこあいしてる
板尾創路の迷場面集 この人、本当に面白いw
某Jさんに「好きな芸人は?」って聞かれて、
僕「板尾創路さんですね」
Jさん「だ、誰ですかそれ」
僕「130Rの。ほんこんさんの相方ですよ。ご存知無いですか?」
Jさん「ほんこんさんに相方なんて居たんっすか…」
僕「(T_T)」
ってなことがありました。笑いのツボが合うというか、じわじわ来てバーッと笑かされちゃうんですよねw
大晦日のガキの使いも板尾の嫁が大好きだったんですが、最近登場しなくて…残念です。

あと競馬の話に戻っちゃうんですが、この動画。


ずっと前から見たいなーと思ってたんですが、うpされなくて…と思ったら11月にうpされてたんですね。
非公開になってたのかなしばらく。
ゴールデンフェザントというアメリカの馬がロングスパートして勝ったレースで、もちろんものすごい馬(というかこの頃のJCの外国馬は強過ぎ)なんですが、このレースの注目はもう一つ。
あのメジロマックイーンが瞬発力勝負に弱いという弱点を露呈した初のレースでもあります。この次には有馬記念であのダイユウサクにも敗れてしまいます。
直線最初の部分でマックイーンが前に進出しかけるのですが、他の馬に一気に振り切られ置いていかれ、そこから脚色は鈍らないものの4着を確保するのが精一杯…。
マックイーンは僕も好きな馬で、雨(発表は良馬場ですが)の大阪杯レコードや京都大賞典のレコード(当時のレコードを1.9秒(!)短縮)、宝塚記念にも勝利するなど一介のステイヤーではない確かな名馬なのですが、どんな強い馬にも必ず弱点はあるといういい例だと思います。
他にはシンボリルドルフの天皇賞(秋)や、ディープインパクトの有馬記念なども有名なレースと思いますが、その話はまた今度。

今日はそんな感じで。ではまた!
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

東京旅行1

銀符律大会

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。